夢につながる虹のはし

レインボー保育園

6つの保育目標

共に遊んで育つ「たて割り保育」の実施

年齢の枠を超えて異年齢で活動する「たて割り保育」は、人間形成の最も大切な幼児期に、年齢に関わらずみんなで遊び触れあうことで友達との結びつきを深め、助け合いながら”思いやり”や”やさしさ”を身につけていきます。

保育園が行う子育て支援
保護者の要望に即した保育とするため、通常保育(7時から18時まで)、延長保育(18時から19時まで)を実施します。
健全な発育(すこやかなからだ作り)のお手伝い
専門指導員による体育教室、サガン鳥栖コーチによるサッカー教室、完全給食などで児童のすこやかなからだ作りのお手伝いをします。
家庭的雰囲気の中での発達に応じた保育
0~2歳児には保育士と児童の信頼関係を築くため担当制保育を、3歳以上には人と人との関係を育むためたて割り保育を実施します。
情操教育(ゆたかなこころ作り)の充実
(当法人のケアハウスの)高齢者やボランティアの皆様とふれあいを通じ、お年寄りを大切にする心、相手を思いやる心を育むとともに、情緒的感性を高めるため音楽教室を充実します。
将来の夢につながる知育教育
幼児は英語の天才です。英語教室では英語の歌や遊びを通して英語を楽しく学べます。英語が無理なく体と心にしみこむことで、グローバルな感性や語学力の基礎を養います。
地域との共生をめざす保育
地域の方やボランティア・保護者とともに、自然とのかかわり、人との心のふれあいを深めていきます。

園長からごあいさつ

子ども一人ひとりの生命の保持及び情緒の安定を図りながら、生活に必要な基本的習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を育てます。
 また、人との関係の中で育まれる信頼感や人を大切にする心を育て、自立や協調性の態度を養います。いろいろな体験を通して生まれる豊かな感性や表現力を大切にしています。

園長 古村 昭文

レインボー保育園の理念

子どもたち一人一人をしっかりと見つめて、心と体と夢を育み、無限の可能性を引き出します。

※ 当保育園の建物は、日本自転車振興会の補助金により設立されています。

園での様子

一日の流れ

0・1・2歳児の一日

7:00
登園
自由活動
9:00
朝のおやつ
10:00
自由活動
戸外活動
室内で遊ぶ
11:00
昼食
11:40
お昼寝
15:00
おやつ
自由活動
帰りの準備
全員降園
18:00
通常保育終了
19:00
延長保育終了

3・4・5歳児の一日

7:00
登園
9:15
自由活動
戸外で遊ぶ
室内で遊ぶ
10:00
朝の会
11:30
昼食準備
13:00
お昼寝
おやつ
掃除
帰りの会
17:30
降園
18:00
通常保育終了
19:00
延長保育終了

年間行事

開催中の教室

体操教室
パパス体育教室の幼児体育専門講師がつよい心と身体を育てます。
英語教室
英国留学経験のある内田絵里先生と一緒に楽しく英語にふれます。
サッカー教室
サガン鳥栖のコーチが指導します

レインボー保育園 外観

   
住所 〒841-0014 佐賀県鳥栖市桜町1434-1
(JR田代駅前)
運営 社会福祉法人 健翔会
電話番号 0942-84-0120
FAX番号 0942-84-0205
園長 古村 昭文