介護で困ったときは、まずこちらへ

地域包括支援センターについて

地域包括支援センターは、鳥栖築広域市町村圏組合の委託を受け開設いたしました。田代地区・若葉築・基里地区にお住まいの方の介護や高齢者の総合相談窓口として、地域に密着した対応をいたします。

おおむね65歳以上で日常生活を営むのに支障がある在宅の高齢者や、その介護をしている方からのご相談に、専門の職員が対応し、健康や福祉、医療や生活に関する様々な悩みやご相談をお受けしています。

  • 総合相談業務

    「最近、介護が必要になったけれど、どこに相談していいかわからない」こんな場合は「地域包括支援センター」にご連絡ください。問題に応じて、介護保険や福祉サービスについての適切な情報提供、関係機関への連絡、申請手続きのお手伝いをいたします。

  • 介護ケア
    マネジメント業務

    「一人で買い物に行きたい」「また自分で料理をつくりたい」など、高齢者が生活の中で実現したい目標に近づき、自立して生活できるよう介護予防サービスなどの支援をいたします。

  • 介護予防の
    おもなサービス

    ●運動器の機能向上:理学療法士などの指導でストレッチや有酸素運動、簡単な器具を使った運動を行います。
    ●栄養改善:管理栄養士などが、栄養改善のための食べ方や食事作り、食材購入法などを指導し、情報を提供します。
    ●口膣機能の向上:歯科衛生士や言語聴覚士などが、歯磨きや義歯の手入れ方法の指導、呼吸方法、そしゃく機能の訓練を行います。

高齢者・ご家族の為の相談窓口

  • 平成27年度計画
    ①周知活動の強化

    より多くの方に包括支援センターを知っていただけるように、各町の班長会に参加し包括業務や相談内容の説明を行っていきます。

  • ②関係機関とのネットワーク交流会

    昨年度までは居宅介護支援事業所のケアマネージャーさんと包括業務の説明や事例検討会などを通して交流会を行ってきましたが、今年度はサービス事業所と合同でのネットワーク交流会を開催していきます。

  • ③地域高齢者の把握

    昨年度は田代地区民生委員の方々と協働でのマップ作りを行い、支援が必要な高齢者について情報共有を行いました。今年度は基里地区民生委員の方々とのマップ作りを行っていきます。

  • ④認知症高齢者の支援について

    認知症高齢者の方が安心して地域で暮らしていける様、早期対応に繋がる支援体制の構築を行っていきます。

  • ⑤医療と介護の連携

    医療ニーズの高い高齢者の支援がスムーズに行えるように、医師会と連携しながら様々な機関との連携体制を構築していきます。

  • 在宅介護についてのご相談

    専門の職員が、在宅介護についての各種ご相談をお受けし、市町村などと連絡取り、保健・医療・介護・福祉など、適切な公的サービスをご紹介いたします。電話でのご相談にも対応しています。

一人で悩まず、お気軽にお電話ください。

要介護認定を受けていない場合、地域包括支援センターは利用できないの?
いいえ、高齢者のみなさんは誰でも、ご利用になれます。
まずは一度、お電話ください。
健康に自信が持てず、家に閉じこもりがちなのですが。
自宅にお伺いし、直接お話しを聞きます。不安や原因を解消できるようアドバイスを行い、本人にあったサービス提供の紹介手続きを行います。
高齢の母が退院してきますが、退院後の生活が心配。
病院と連携し退院後、自宅で安心して生活できるように調整します。
祖父が軽い認知症と診断されました。
今後どのように接していけばよいでしょうか?
認知症の方への対応は、家族の理解が必要です。進行の予防と対処法について、サービスや講習会等をご紹介いたします。
一人暮らしで身寄りがなく、この先の生活が不安です。
安心して生活ができるように、制度や社会資源を活用できるように対応します。

ご相談は無料です。何度でもご相談下さい。
※個人情報などプライバシーは守秘いたします。

拠点

鳥栖市 田代小学校区・基里小学校区にお住まいの方

連絡先

鳥栖市田代基里地区地域包括支援センター
住所:佐賀県鳥栖市田代本町924-1
連絡先:0942-82-2041
FAX:0942-84-5697
E-mail:houkatsu@kumin.ne.jp

営業時間

営業日 : 月曜日~土曜日(但し祝祭日、12月30日~翌1月3日を除く)
営業時間 : 午前8:30~午後17:30まで

あいさつ

平成27年4月から鳥栖市内の地域包括支援センター増設により 担当地区の変更がありました。田代小学校区・基里小学校区を継続して担当させていただきますので今後とも宜しくお願い致します。

広報誌

広報誌
平成27年9月1日発行 第14号 PDF